外貨預金をジャパンネット銀行jnbで

外貨預金をジャパンネット銀行jnbではじめる場合に、ジャパンネット銀行で用意されている、いろいろなサービスについてみてみましょう。 外貨預金型レバレッジ1型や、手数料無料でFX口座から、もしくは、FX口座への入出金が一日中いつでも行うことができるものがあります。
それだけではなく、現在の携帯電話の発展を受けて、さらに利用者がいつでもFXを行うことができるように、 ドコモのiモード、ソフトバンクのYahoo!ケータイ、そしてEZwebならば、どれでも携帯電話からJNB-FXの取引ができるようになっているそうです。

スポンサードリンク

ジャパンネット銀行jnbの取引通貨

ジャパンネット銀行jnbの取引通貨はアメリカのドルと円から始まり、ヨーロッパのユーロと円、もしくはアメリカのドル。
オーストラリアやイギリス、カナダやスイスのフランに至る、全部で八つの通貨の外国為替保証金取引を行うことができるようになっています。
外国為替保証金取引の取引手数料は千通貨から九千通貨までは千通貨につき百円だそうで、一万通貨以上になると、千通貨につき五十円がかかります。
これはもちろん新規ポジションを注文する時や決済の時に必要となる手数料のことです。

ジャパンネット銀行jnb

外貨預金をジャパンネット銀行jnbで始める場合に、やはり気をつけたいのが、リスクについて。
外国為替保証金取引を行う場合に外貨預金をジャパンネット銀行jnbではじめるから手放しで大丈夫という訳ではもちろんありません。
リスクはかならずついてまわります。ジャパンネット銀行も損失拡大の防止として保証金維持率が半分以下になるとメールを送ってきてくれたり、 自動決済するロスカットがありますが、結局は自己責任。慎重に運用したいものです。

スポンサードリンク