郵便局の外貨預金

郵便局の外貨預金が注目を集めていますね。 今まで日本国内の金融機関に預金していて、低金利に辟易していた高齢者層をターゲットとした場合、
インターネットで氾濫している外貨預金が、 あくまで高齢者に対して遡及的な手法とは言えず、マーケットとしてはエアーポケット状態にあると言えますから、 そこに郵便局が乗り出せば、預金高的には少額でも外貨預金数で稼ぐ事によって、 かなりの実績と外貨預金数を稼ぐ事が出来ます。


スポンサードリンク

郵便局の外貨預金のネットワーク

民間金融機関にとっては、 郵便局のネットワークはあらゆる意味で脅威となっていますが、効率化を図る反面実店舗の統廃合によって、 少額預金者の取りこぼしは、ボディーブローのように民間金融機関の実績に影響していく事は、想像に難くありません。
その意味では郵便局の大規模なネットワークでしか出来なサービスとして、 郵便局の外貨預金は高齢者を中心とした巨大なマーケットの掘り起こしに繋がるものと言えます。

郵便局の外貨預金と日本国内の金融機関の預金高

日本の個人資金が郵便局の外貨預金によって海外に持ち出されることは、 日本国内の金融機関の預金高にも相当影響があると考えられますが、
それこそが郵便局のどぶ板営業とも言える、全国津々浦々まで浸透したネットワークの賜物で、 日本人の個人資産の多くは、高齢者の箪笥預金や銀行預金が大部分を占めるもので、
効率化を御旗にして営業をオンラインにシフトしてきた民間金融機関は、 既に郵便局に対抗するインフラを持ち合わせていませんし、これからも再装備する事などは出来ない話です。
このような分野別の郵便局と民間金融機関との住み分けが、徐々に展開されてくると、 最終的には、規模の勝負と言う事になりますが、 その意味でも郵便局はかなり有利な立場に立っていると言えるでしょう。
今後の郵便局の商品戦略は、郵便局の外貨預金だけでなくさまざまな金融商品を提案していくと思いますが、 その顧客のほとんどが、新しい金融商品に対して無知な人が多いため、一旦外貨の旨味を覚えたら、 とんでもない勢いで外貨への資金移動が起こることも、あながち想像の世界の話ではなく、 現実の問題として起こってくることです。
民間の銀行が再編を繰り返し幾つかのメガバンクが誕生しましたが、 その背景には海外の目がバンクに対する対抗処置的な意味合いが主でしたが、 案外郵便局の民営化を想定した事と考えるは、穿ちすぎでしょうか。 外貨への流れ、外貨からの流れ。これからも郵便局の外貨預金から目が離せませんね。

スポンサードリンク